メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

介護保険 軽度者除外=有田浩子(医療福祉部)

安心できる介護保険制度を求めて、市民団体が国会内で開いた集会=11月、有田浩子撮影

高齢者自身も行動を

 2018年度に向けた介護保険制度の見直し作業が終わった。小幅な改正に見えるが、背後には15年度の前回改正が自治体に突きつけた大きな課題が残っている。介護度の軽い高齢者の生活を支える掃除や調理といった介護サービスを、誰が担うかということだ。これは単にサービス提供体制の問題ではない。介護保険制度の根幹を変えるものであり、超高齢社会をどう組み立てるかという視点から挑むべき課題だと考える。

 団塊の世代が75歳以上になる25年、介護人材は37万人以上不足するとみられている。今ですら人手が足…

この記事は有料記事です。

残り1636文字(全文1888文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  5. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです