メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふくおか探索

北九州・門司 ミャンマー式寺院「世界平和パゴダ」 出征の港から「ビルマ」慰霊

門司港にある、国内唯一の本格的なミャンマー式寺院「世界平和パゴダ」=北九州市門司区で、長谷川容子撮影

野村芳太郎監督も訪問、幻の映画構想

 第二次世界大戦中、200万を超える兵士を戦地へ送り出した北九州の門司港。この港を望む山に、国内唯一の本格的なミャンマー式寺院「世界平和パゴダ」がある。旧ビルマ戦線の戦没者慰霊などを目的に建てられ、現在もミャンマー人僧侶ら3人が寺院で暮らす。ここにかつて、社会派で知られた映画監督が何度も足を運んだことを知る人は少ない。【長谷川容子】

 「サードゥ、サードゥ、サードゥ」。早朝5時を皮切りに1日3回、黄色の僧衣をまとった住職、ネミンダさ…

この記事は有料記事です。

残り1367文字(全文1601文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 小中学校 進む熱中症対策 登下校時、プール…新たな課題も

  3. 116歳で世界最高齢の女性へ記念品 敬老の日に福岡知事

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. かべちょろ 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです