ハウステンボス

海をプカプカ…移動する球体ホテル導入へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ハウステンボスが構想している移動式の水上ホテルのイメージ図=同社提供
ハウステンボスが構想している移動式の水上ホテルのイメージ図=同社提供

 大型リゾート施設、ハウステンボス(HTB、長崎県佐世保市)の沢田秀雄社長は、HTBと無人島を結ぶ“移動する水上ホテル”を来冬にも導入する構想を明らかにした。海に浮かぶ球体の中にベッドや浴室、トイレなどを備えた客室を整備し、船などで引っ張って海上を移動する仕組み。

 HTB敷地内は欧州の雰囲気を再現した本格的なリゾートホテルのほか、ロボットが接客する「変なホテル」が営業している。海に浮かぶ移動式の客室を提供することで、他のリゾート施設にはない新たな楽しみ方を…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文575文字)

あわせて読みたい

注目の特集