メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥羽水族館

学芸員がダンゴムシ仲間の新種発見 魚に寄生

新種と確認された5匹の「トリカジカエラモグリ」(和名)。右側は餌の魚肉=鳥羽水族館提供

 鳥羽水族館(鳥羽市)は15日、深海魚のトリカジカに寄生していたダンゴムシの仲間の新種を発見したと発表した。学芸員の森滝丈也さん(47)が発見したことから学名は「エルツーサ モリタキ」、エラに寄生していたことから和名は「トリカジカエラモグリ」と名付けられた。

 水族館で5年間絶食し注目を集めた節足動物のダイオウグソクムシ(スナホリムシ科)と同じ等脚目のウオノ…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  2. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  3. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  4. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

  5. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです