メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 製薬会社ノバルティスファーマの降圧剤「バルサルタン」を巡る臨床研究データ改ざん事件で、医薬品医療機器法(旧薬事法)違反(虚偽記述・広告)に問われた元社員、白橋伸雄被告(65)と同社に対する東京地裁(辻川靖夫裁判長)の公判は15日、結審した。白橋被告は最終意見陳述で「申し上げることはございません。ありがとうございました」と述べた。判決は来年3月16日。前回公判で、検察側は白橋被告に懲役2年6月、同社に罰金400万円を求刑。弁護側はいずれも無罪を主張していた。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
    2. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
    3. 卓球 福原愛さん引退 中国、台湾でも高い関心
    4. 山本美月 大興奮!「一人ずつと写真を」  歴代プリキュア55人が大集合(スポニチ)
    5. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです