メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 製薬会社ノバルティスファーマの降圧剤「バルサルタン」を巡る臨床研究データ改ざん事件で、医薬品医療機器法(旧薬事法)違反(虚偽記述・広告)に問われた元社員、白橋伸雄被告(65)と同社に対する東京地裁(辻川靖夫裁判長)の公判は15日、結審した。白橋被告は最終意見陳述で「申し上げることはございません。ありがとうございました」と述べた。判決は来年3月16日。前回公判で、検察側は白橋被告に懲役2年6月、同社に罰金400万円を求刑。弁護側はいずれも無罪を主張していた。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 草津国際スキー場 雪崩が発生、4人巻き込まれる 群馬
    2. 群馬 草津白根山が噴火 スキー場で雪崩、4人被害か
    3. 宮部行範さん死去 48歳早過ぎる死 関係者も驚き隠せぬ
    4. 大雪 乗らなきゃよかった首都高 山手トンネルで立ち往生
    5. 訃報 スピードスケートの住吉都さんが死去 ソチ五輪代表

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]