メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 製薬会社ノバルティスファーマの降圧剤「バルサルタン」を巡る臨床研究データ改ざん事件で、医薬品医療機器法(旧薬事法)違反(虚偽記述・広告)に問われた元社員、白橋伸雄被告(65)と同社に対する東京地裁(辻川靖夫裁判長)の公判は15日、結審した。白橋被告は最終意見陳述で「申し上げることはございません。ありがとうございました」と述べた。判決は来年3月16日。前回公判で、検察側は白橋被告に懲役2年6月、同社に罰金400万円を求刑。弁護側はいずれも無罪を主張していた。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潟 米山知事、援助交際「3、4年前から断続的に」
    2. 衝突事故 藤岡弘さんがタクシーと 運転手が首捻挫の軽傷
    3. ももクロ コンサート、大勢のファン予想に近江鉄道苦悩
    4. 霧島連山 硫黄山噴火…250年ぶり 警戒レベル3に
    5. セクハラ疑惑 財務次官辞任 発言、福田氏再度否定 識者「地金出た」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]