メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厚労省

美容院でも顔そり…二つの資格、容易に

 理容師と美容師の二つの資格を取りやすくするため、厚生労働省は15日、二つ目の資格を取得する場合は、専門学校での修学期間を短くする方針を決めた。通学の場合、現在は2年間学ぶことが必要だが、1年に短縮する。美容院を使う男性が増えるなど消費者のニーズが多様化しており、両方の資格があれば「美容院で顔そり」など新たなサービスが可能になるという。

 いずれも髪をカットするために必要な国家資格だが、根拠となる法律は別々で、理容師はパーマができず、美容師は顔そりができないなど違いがある。両方の資格を取得するには、2年ずつ学び、それぞれの国家試験(筆記と実技)に合格する必要があった。

この記事は有料記事です。

残り153文字(全文439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議は問題あるが…それでも小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです