メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教訓を伝える

昭和南海地震/2 津波確信、高台に急ぐ 広浦成俊さん(82) 福井村(現阿南市)で被災 /徳島

逃げ場、常に考えて

 昭和南海地震(1946年12月21日)の当時は暖房器具が普及しておらず、12月の寒さをしのぐため両親と姉、弟と5人で寄り添って、福井村(現在の阿南市)の自宅1階で寝ていました。午前4時半ごろ、地面の底から「どーん」と音が響き、一瞬で目が覚めました。12歳だった私は、とにかく家族とはぐれず津波から高台に逃げることだけを考え、停電で明かりが消えた村の中を走りました。

 当時、地震は珍しくありませんでした。しかし、昭和南海地震が起きた時、子供心に「波が堤防を越えてくる…

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文865文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです