メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教訓を伝える

昭和南海地震/2 津波確信、高台に急ぐ 広浦成俊さん(82) 福井村(現阿南市)で被災 /徳島

逃げ場、常に考えて

 昭和南海地震(1946年12月21日)の当時は暖房器具が普及しておらず、12月の寒さをしのぐため両親と姉、弟と5人で寄り添って、福井村(現在の阿南市)の自宅1階で寝ていました。午前4時半ごろ、地面の底から「どーん」と音が響き、一瞬で目が覚めました。12歳だった私は、とにかく家族とはぐれず津波から高台に逃げることだけを考え、停電で明かりが消えた村の中を走りました。

 当時、地震は珍しくありませんでした。しかし、昭和南海地震が起きた時、子供心に「波が堤防を越えてくる…

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文865文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです