メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キジ肉

鬼北の特産で鍋はいかが? 出荷が最盛期 /愛媛

愛媛県鬼北町で飼育されているキジ=鬼北きじ工房提供

 キジの飼育羽数が日本一の鬼北町で、キジ肉の出荷が最盛期に入った。寒くなると脂が乗るため、この時期に集中して加工する。キジ肉は低カロリー、高たんぱくの高級食材。「鬼北熟成雉(きじ)」のブランド名で、県内や関東のホテル、飲食店などに卸される。

 鬼北町は1992年、新たな特産品としてキジ肉に着目し、500羽から飼育を始めた。現在は町内の8戸が計約1万羽を飼育し、町…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文454文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 軽量タイヤホイール 熱可塑性カーボンで従来の半分 赤磐の板金加工会社が開発 数年後の量産化へ /岡山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです