メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

日露首脳会談 領土解決ほど遠く

日露ビジネス対話の全体会合に参加する安倍晋三首相(左)とプーチン大統領=東京都千代田区で16日午後4時59分、宮武祐希撮影

 北方領土問題の解決に向け、新たな展開が期待された15、16両日の安倍晋三首相とプーチン露大統領との会談は、ロシア側の厳しい姿勢を印象づける結果に終わった。北方領土での共同経済活動の交渉開始では合意したものの、首相自身が「解決には困難な道が続く」と今後の道のりの険しさを認めざるを得なかった。局面の打開に向けて政府は戦略の練り直しを迫られることになりそうだ。

この記事は有料記事です。

残り2730文字(全文2909文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  3. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

  4. 公営ギャンブル「1000万円以上の的中」徴税強化へ レース実施者、ネット購入情報提供へ

  5. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです