メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土記

原発費用の「過去分」=青野由利

 <do-ki>

 とても重要でまじめな問題なのに思わず笑ってしまった。今週、議員会館で開かれた原発の事故処理や賠償、廃炉の費用負担を考える院内集会。超党派の国会議員で作る「原発ゼロの会」や環境団体などの主催で、経済産業省の担当室長が呼ばれたが、両者のやりとりは落語のようにかみ合わない。

 焦点は、以前に本欄でも取り上げた「託送料(送電線の使用量)上乗せ問題」。経産省はこのところ次のような理屈を持ち出している。

 本来、事故に備えた賠償費用は福島の事故前から電気料金に組み込んで確保しておくべきだった。そうしてこなかった結果、過去の利用者は安い電気を享受した。この分を、受益者の公平性の観点から、新電力も使う託送料に上乗せし、消費者から広く回収したい。

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文997文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 眞子さま29歳に 延期の挙式、宮内庁「何らかの発表はあろうかと」

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです