メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

米中農産物摩擦の兆し=資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫

 中国が米国からの大豆輸入を積極化させている。米農務省によると、9月1日から12月8日までの大豆輸出累計は2782万トン。このうち中国向けは2114万トンで、昨年同期を3割以上上回っている。中国の大豆輸入量は、2001年の1000万トン強から急増し、16年は8600万トンとなる見通しだ。世界の大豆輸入量の65%前後を中国一国が占めている。特に、ここに来て米国産大豆の輸入が急増した背景には、トランプ次期大統領の保護主義的貿易政策への懸念があるようだ。

 米国第一主義を掲げるトランプ氏は、政権発足の初日に行うものとして、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)からの撤退、北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉、中国の為替操作国指定などを宣言している。

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 菅首相「最終的には生活保護」 新型コロナでの困窮者支援で持論、野党から批判

  5. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです