メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

米中農産物摩擦の兆し=資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫

 中国が米国からの大豆輸入を積極化させている。米農務省によると、9月1日から12月8日までの大豆輸出累計は2782万トン。このうち中国向けは2114万トンで、昨年同期を3割以上上回っている。中国の大豆輸入量は、2001年の1000万トン強から急増し、16年は8600万トンとなる見通しだ。世界の大豆輸入量の65%前後を中国一国が占めている。特に、ここに来て米国産大豆の輸入が急増した背景には、トランプ次期大統領の保護主義的貿易政策への懸念があるようだ。

 米国第一主義を掲げるトランプ氏は、政権発足の初日に行うものとして、環太平洋パートナーシップ協定(T…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです