メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

牧師バー

現代人の悩みに寄り添う“マスター”

訪れた客と談笑する藤原さん(右)=京都市左京区で

 京都市左京区の住宅街の一角に、いっぷう変わったバーがある。日本聖公会京都聖マリア教会の藤原健久司祭(48)がマスターを務める「牧師バー」だ。2010年から不定期で始め、「普段は接することの少ない牧師さんと触れ合える」と口コミなどで徐々に評判になった。今年11月から毎週金曜の夜に開き、先月末に20回に達した。「バーに来た時よりも帰る時に、少しでも気持ちが軽くなってもらえたら」。カウンターに立つ現役牧師は現代人の心の悩みにそっと寄り添う。【岡崎英遠】

 「牧師バー」の看板が掲げられた「ぐるぐるかふぇ」の店内。10席程度の広さの空間に賛美歌が流れ、穏や…

この記事は有料記事です。

残り803文字(全文1079文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  3. 余録 米ワシントン、ポトマック河畔の桜は1912年…
  4. 先発は習志野・山内、日章学園・石嶋 第1試合は午前9時プレーボール
  5. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです