メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

牧師バー

現代人の悩みに寄り添う“マスター”

訪れた客と談笑する藤原さん(右)=京都市左京区で

 京都市左京区の住宅街の一角に、いっぷう変わったバーがある。日本聖公会京都聖マリア教会の藤原健久司祭(48)がマスターを務める「牧師バー」だ。2010年から不定期で始め、「普段は接することの少ない牧師さんと触れ合える」と口コミなどで徐々に評判になった。今年11月から毎週金曜の夜に開き、先月末に20回に達した。「バーに来た時よりも帰る時に、少しでも気持ちが軽くなってもらえたら」。カウンターに立つ現役牧師は現代人の心の悩みにそっと寄り添う。【岡崎英遠】

 「牧師バー」の看板が掲げられた「ぐるぐるかふぇ」の店内。10席程度の広さの空間に賛美歌が流れ、穏や…

この記事は有料記事です。

残り803文字(全文1079文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ザギトワ選手おとがめなし 無免許運転の捜査終了
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  4. 2019参院選 選択の現場から/下 性的少数者支援 「多様な社会」どう実現 議論深化に当事者期待 /埼玉
  5. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです