FIFA局長代理

サッカーも政治が影響 東大で講演

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
講演で現役時代を振り返る元クロアチア代表で、国際サッカー連盟事務局長代理のズボニミール・ボバン氏=東京都文京区の東大安田講堂で2016年12月16日午後6時53分、大谷津統一撮影
講演で現役時代を振り返る元クロアチア代表で、国際サッカー連盟事務局長代理のズボニミール・ボバン氏=東京都文京区の東大安田講堂で2016年12月16日午後6時53分、大谷津統一撮影

 サッカーの元クロアチア代表で、現在は国際サッカー連盟(FIFA)の事務局長代理を務めるズボニミール・ボバン氏(48)が16日、東大安田講堂で講演した。日本サッカー協会と東大の連携協定を記念した式典で、来場者の質問に答える形で国際関係に翻弄(ほんろう)されたサッカー人生を振り返った。

 創造力あふれるパスと体を張った守備。華と強さを兼ね備えるMFだった。ACミラン(イタリア)ではリーグ優勝を4度達成。1998年ワールドカップ(W杯)フランス大会では主将としてクロアチアを3位に導き、2001年に引退した。「常にチームが勝つためにやれることをすべてやろうと思っていた。勝利に導くために犠牲はいとわなかった。周りをしっかり見て100%ゲームに集中した。本当に集中してプレ…

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文836文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集