メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ペルー

占拠事件20年 青木元大使「テロ背景変わらず」

取材に答える青木盛久・元大使=高本耕太撮影

「要人人質」手法の終焉

 南米ペルーの日本大使公邸占拠事件の発生から17日(日本時間18日)で20年を迎える。左翼ゲリラの襲撃からペルー軍の突入による解放までの127日間、人質生活を送った青木盛久・元ペルー大使(78)が取材に応じ、事件は「政治目標を達成するため特定の人質を狙う手法の終焉(しゅうえん)だった」と振り返った。一方で、「貧困や格差がテロの背景となる状況は、当時も今も変わっていない」と指摘した。

 事件は1996年12月17日、首都リマの日本大使館で、天皇誕生日のパーティーに出席していたペルー政…

この記事は有料記事です。

残り1069文字(全文1322文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです