メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

廃棄カツ横流し

「手口は悪質」産廃業者会長に有罪判決

名古屋地裁が「懲役3年、執行猶予4年、罰金100万円」

 「カレーハウスCoCo壱番屋」を展開する壱番屋(愛知県一宮市)が廃棄した冷凍ビーフカツの横流し事件で、詐欺罪や食品衛生法違反などに問われた産業廃棄物処理業者「ダイコー」(同県稲沢市)会長、大西一幸被告(76)に対し、名古屋地裁(鵜飼祐充裁判官)は16日、懲役3年、執行猶予4年、罰金100万円(求刑・懲役3年6月、罰金100万円)の判決を言い渡した。大西被告は控訴しない方針。

 また、廃棄物処理法違反に問われた法人としての同社は求刑通り罰金50万円とした。

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文751文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 菅氏「マスクが出回っているか確認」 「週1億枚供給」も品薄続く

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. 「どうなっているの」 衆院予算委の政府答弁、与党からも指摘相次ぐ 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです