メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

廃棄カツ横流し

「手口は悪質」産廃業者会長に有罪判決

名古屋地裁が「懲役3年、執行猶予4年、罰金100万円」

 「カレーハウスCoCo壱番屋」を展開する壱番屋(愛知県一宮市)が廃棄した冷凍ビーフカツの横流し事件で、詐欺罪や食品衛生法違反などに問われた産業廃棄物処理業者「ダイコー」(同県稲沢市)会長、大西一幸被告(76)に対し、名古屋地裁(鵜飼祐充裁判官)は16日、懲役3年、執行猶予4年、罰金100万円(求刑・懲役3年6月、罰金100万円)の判決を言い渡した。大西被告は控訴しない方針。

 また、廃棄物処理法違反に問われた法人としての同社は求刑通り罰金50万円とした。

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文751文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  3. 元農水次官、長男殺害で懲役6年の実刑判決 東京地裁

  4. 長男殺害の元農水次官「かわいそうな人生を送らせた」被告人質問で涙

  5. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです