メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三菱自・燃費不正

全国初の集団提訴 1.3億円賠償など

大阪や東京など24都道府県の88人、大阪地裁に

 三菱自動車の燃費データ不正問題で、対象の軽乗用車を購入した大阪や東京など24都道府県の88人が16日、三菱自動車(本社・東京都港区)と各地の販売会社などを相手取り、総額約1億3000万円の賠償や売買契約の取り消しを求めて大阪地裁に提訴した。一連の問題を受けた集団提訴は全国で初めて。

 三菱自は過去10年間に製造・販売した多くの車種で燃費偽装をしていた。今年4月の問題発覚後、購入者に1台10万円の補償などを始めている。

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです