三菱自・燃費不正

全国初の集団提訴 1.3億円賠償など

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

大阪や東京など24都道府県の88人、大阪地裁に

 三菱自動車の燃費データ不正問題で、対象の軽乗用車を購入した大阪や東京など24都道府県の88人が16日、三菱自動車(本社・東京都港区)と各地の販売会社などを相手取り、総額約1億3000万円の賠償や売買契約の取り消しを求めて大阪地裁に提訴した。一連の問題を受けた集団提訴は全国で初めて。

 三菱自は過去10年間に製造・販売した多くの車種で燃費偽装をしていた。今年4月の問題発覚後、購入者に1台10万円の補償などを始めている。

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文530文字)

あわせて読みたい

ニュース特集