メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

転落防止策

町田駅に新型ホームドア JR横浜線

 JR東日本は、駅ホームでの転落事故を防ぐため、従来よりも低コストで導入できる新型のホームドアを開発した。各社の試行錯誤が続く中、17日の始発からJR横浜線の町田駅(東京都町田市)で、新型の試験運用を始める。

 町田駅に設置されたのは、同社のグループ会社が開発した「スマートホームドア」。4番線下りホームに1両分のみ試験的に導入した。ドア部分にアルミ製のバーを採用した簡素な作りが特徴。普段は閉じているバーが、電車の乗降時は左右にスライドし、支柱部分に収納される。16日未明には、実際に車両を入線させて初の動作確認作業…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文647文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 町田樹さんコラム「今を生きる 今を書く」 10月5日連載スタート

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  4. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  5. 金正恩委員長「委任統治論」の矛盾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです