連載

大学入試分析2017

毎日新聞デジタルの「大学入試分析2017」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

大学入試分析2017

変更点少ないセンター試験 駿台予備学校・石原賢一さん

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大学入試の傾向について説明する駿台予備学校進学情報センターの石原賢一センター長=福田光朝撮影
大学入試の傾向について説明する駿台予備学校進学情報センターの石原賢一センター長=福田光朝撮影

 2017年度大学入試センター試験(1月14、15日)まで、あと1カ月を切り、受験生にとってはラストスパートの時期となった。17年度試験の特徴や、受験に際しての心構えなどについて、駿台予備学校進学情報センターの石原賢一センター長に聞いた。【浜名晋一】

--2017年度入試の特徴は。

 一番大きいのは、変更点が少ないということです。15年度は数学と理科が新しいカリキュラムに変わって、16年度はその残りの国語や英語、地歴、公民が新しいカリキュラムに変わりましたが、17年度は比較的穏やかな年です。4年後にはセンター試験をやめ、記述式を入れるとか、英語で外部の検定試験を入れるとか言われている大改革が控えているので、そういう意味では、比較的落ち着いた入試だと思います。センター試験自体は日程が2日早くなっただけです。落ち着いた入試だし、システムも昨年度までと変わったところはありません。

--16年度は文系人気が盛り返して、理系人気が底を打ったと言われていましたが。

この記事は有料記事です。

残り2551文字(全文2980文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集