メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフルエンザ

更に5羽 コブハクチョウ、半数の22羽死ぬ 千波湖 /茨城

半数のコブハクチョウが死んだ千波湖と注意喚起を促す看板

 県は17日、水戸市千波町の千波湖で、16日夕方から17日午後にかけ、コブハクチョウ2羽の死骸と衰弱個体3羽(保護後に死亡)が回収され、簡易検査でA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。

 今後、遺伝子検査や確定検査を行い、毒性の強さなどを調べる。16日に回収されたコブハクチョウ3羽からは遺伝子検査でH5型の鳥インフルエンザウイルスが検出された。

 県内で、鳥インフルエンザへの感染が確認されたのはオオハクチョウやユリカモメを含め計24羽となり、千波湖のコブハクチョウは22羽が死んだ。

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文638文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  5. 「かっこよかった」「生き方教わった」最高齢ライオン・ナイル 死の前々日まで咆哮 京都市動物園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです