メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編

ヘリパッド近く完成/オスプレイ墜落 沖縄・高江住民、不安色濃く

 米軍北部訓練場(沖縄県東村、国頭(くにがみ)村)の約半分の返還と引き換えに、東村高江地区周辺に新設されるヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)6カ所が近く完成する。13日には米軍オスプレイが名護市沿岸に不時着して大破し、墜落事故への懸念が再燃した。地区は今沈黙しているが、建設反対の旗を降ろしたわけではない。一方で「国の動きは止められない」との諦めの声も漏れ、住民の不安と困惑の色は日に日に濃くなっている。

 高江地区は、沖縄本島北部の自然豊かな森の中にあり、パイナップルの栽培農家ら約150人が暮らす小さな集落。ヘリパッド6カ所のうち2カ所は既に完成し、オスプレイの訓練が始まっている。重低音を響かせて低空飛行で集落の上空を旋回し、小中学校の真上も飛ぶ。

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文1057文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  2. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

  3. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

  4. 豪雨の死者18人に 熊本県発表 心肺停止16人、行方不明14人

  5. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです