メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千鶴ちゃんに思いを伝えたい プロポーズはお金じゃない…はず

[PR]

 響「何かあったのかい、ミスター三好。ミス桜井がどうとか聞こえたけど。ケンカアゲイン?」 善蔵「えっと実は…。今日、大輔さんに誘われて婚約指輪を選びに行ったんだけど…」  響「ワオ!ついにエンゲージだね!コングラッツだよ、ミスター三好!」 善蔵「いやそれが…。とても僕の資金では…。結婚指輪も考えると…」  響「ハウマッチ?」 善蔵「給料3カ月分が相場だと大輔さんが…」  響「オーマイガッ インポッシブルッ」
 響「そんな額、ミスター三好にペイできるわけナッシング!」 善蔵「いやまあ、そ、そうなんですが…。そんなにはっきり言わなくても」  響「かと言ってチープなジュエリーは相手にシェイムをかかせることになるよ!   「そうだミスター三好! なにもリングじゃなくたっていいじゃないか!」
善蔵「えーとそれはどういうことで…?」  響「プライスって重要かい?」   「ノーノー。大切なのはミス桜井ラブな気持ち。ミスター三好のハートが詰まったオンリーワンなプレゼントをすればいいのさ!」 善蔵「ぼ…僕のハート…!」
  善蔵「ひ…響さんならどんなものを贈りますか?」    響「オフコース僕なら…。ふたりの思い出のラブソングかな」 歌う響 (Ah~~ふたりのーメモリ~~イズ ブリリアントだよ~~)   善蔵「……」 カゲマル「なるほどかような事情ござったか」(コト…)   善蔵(そば?)
忍法で現れるカゲマル「出前でござる」    響「ミスターカゲマル! ジャストオンタイム!」 カゲマル「三好殿…拙者も協力するでござる。困りごとがあれば何なりと申すがよい」   善蔵「じゃあ…婚約のプレゼントが思いつかなくて…」 カゲマル「そういうことならば! 真剣な姿を見せるのが一番でござる!!」 (ドドドドドド) 滝に打たれる善蔵と響 善蔵「ひええええ」  響「ホワイ僕までっ!!」
  カゲマル「集中でござる!!」 崖を登る善蔵「押忍!!!」 カゲマル「愛の大きさを態度で示すのでござる!」 バランスをとり耐える善蔵「押忍っ」 カゲマル「気合でござるー!!」 カゲマルを乗せたタイヤを引く善蔵「押忍、押忍!!!」 千鶴「ぜ…善さんどうしたんだろ」 紅葉「うわぁ…」 モンゴメリー「はー、男ってバカね」
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  2. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  3. 阪神大震災24年 石積みの「生」オブジェ灯る 宝塚市の武庫川中州で
  4. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  5. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです