もんじゅ

政府、廃炉方針表明 福井知事は反発

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
廃炉方針が示された高速増殖原型炉「もんじゅ」=福井県敦賀市で2016年12月19日午前9時35分、本社ヘリから平川義之撮影
廃炉方針が示された高速増殖原型炉「もんじゅ」=福井県敦賀市で2016年12月19日午前9時35分、本社ヘリから平川義之撮影

 政府は19日午前、文部科学省で開いた「もんじゅ関連協議会」で、高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)を廃炉にする方針を表明した。近く開催する原子力関係閣僚会議で最終決定する。これに先立つ高速炉開発会議では、代替高速炉の開発方針を取りまとめた。廃炉について慎重な対応を求めていた協議会メンバーの西川一誠・同県知事は「到底受け入れられない。見直しを強く求める」と述べた。

 協議会は、国と同県がもんじゅを巡る問題について意見交換する場で、松野博一文科相や世耕弘成経済産業相が出席した。

この記事は有料記事です。

残り1255文字(全文1497文字)

あわせて読みたい

注目の特集