メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワールド・トレジャー

特派員が選ぶ私の世界遺産 シュタージ監獄記念館(ドイツ・ベルリン) 監視国家の恐怖伝える

シュタージの取調室が並ぶ新館南棟に立つホルヘ・ルイス・ガルシア・バスケスさん。ドアの内側には防音のためゴムが貼り付けられている=ベルリン北東部ホーエンシェーンハウゼンで2016年12月8日午後4時23分、中西啓介撮影

 夕日が差す閑静な住宅街で小学生たちが家路を急ぐ。ベルリン北東部ホーエンシェーンハウゼン。旧東独時代、ここには政府の情報機関・国家保安省(通称・シュタージ)が「反体制派」や西側への脱出希望者を収容し尋問した監獄が置かれた。一帯は当時、立ち入りが厳重に禁じられた区域だった。施設は今、シュタージによる監視国家の恐怖を伝える「シュタージ監獄記念館」になっている。

 巨大な鉄格子の門をくぐると、目の前に赤れんがの建物が現れる。施設の歴史は第二次大戦直後、ソ連の情報機関が工場だった建物にナチ党関係者らを収容したことに始まる。1950年のシュタージ設立後は専用収容施設となり、200以上の監房と取調室を備える「新館」も増設された。

この記事は有料記事です。

残り1148文字(全文1459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 高齢者施設のクラスター封じ込めへ 大阪府「スマホ検査センター」12カ所に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです