メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湖国で働く

/13 ノセ精機 はんだ付け技術を販売 /滋賀

顕微鏡をのぞきながらはんだ付けをする従業員を見守る野瀬昌治さん(奥)=滋賀県東近江市大萩町で、土居和弘撮影

 「はんだ付けを通じて世の中に貢献する」。東近江市にある「ノセ精機」は、そう経営理念にうたっている。はんだ付けはものづくりには欠かせない根幹の技術だが、その技術の提供、販売に特化した事業展開をする会社は珍しい。社長の野瀬昌治さん(49)は、NPO法人を設立し、工場で働く人たちだけでなく一般の人も対象にした「はんだ付け検定」を考案、この技術の普及にも努めている。【土居和弘】

 ノセ精機の作業場には、音量を絞ったジャズの音楽が流れていた。ものづくりの現場とは思えない静けさだ。…

この記事は有料記事です。

残り2056文字(全文2293文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 見る探る 東京駅で出会ったナミビア人についていったら 台風、被災地、そして「歴史的試合」は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです