メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湖国で働く

/13 ノセ精機 はんだ付け技術を販売 /滋賀

顕微鏡をのぞきながらはんだ付けをする従業員を見守る野瀬昌治さん(奥)=滋賀県東近江市大萩町で、土居和弘撮影

 「はんだ付けを通じて世の中に貢献する」。東近江市にある「ノセ精機」は、そう経営理念にうたっている。はんだ付けはものづくりには欠かせない根幹の技術だが、その技術の提供、販売に特化した事業展開をする会社は珍しい。社長の野瀬昌治さん(49)は、NPO法人を設立し、工場で働く人たちだけでなく一般の人も対象にした「はんだ付け検定」を考案、この技術の普及にも努めている。【土居和弘】

 ノセ精機の作業場には、音量を絞ったジャズの音楽が流れていた。ものづくりの現場とは思えない静けさだ。…

この記事は有料記事です。

残り2056文字(全文2293文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです