メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

浪曲師・春野百合子さん=10月25日死去・89歳

一寸の狂いなき芸 春野百合子(はるの・ゆりこ)さん=老衰のため、10月25日死去・89歳

 「一声、二節、三啖呵(たんか)」といいますが、百合子師匠の声は押しの強い、いい声でした。ここってところでぐっと押す。「あ、もう出ないかな」と思うところから、ぐわーっと盛り上げていく。すごかった。演目の捉え方を決して崩さず、節や啖呵も毎回台本の通り演じた。升の中にきっちり収められた、芸術ともいうべきものでした。

 母である初代亡き後、若くして名を継いで、随分苦労されたそうです。「春野百合子という看板なんやから」…

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文776文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです