メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプショック

私はこう見る EUの影響力低下も オーストリア・フランスセンター研究員 フローレント・マルシャック氏

オーストリア・フランスセンター研究員(東欧政治) フローレント・マルシャック氏

 東欧諸国は、トランプ次期米大統領を歓迎する国と恐れる国に二分される。前者は権威主義的な政権か、または、難民らの流入に反対する国々だ。

 例えばセルビア政府はトランプ氏を歓迎する。現政権は独裁志向があり、メディアの自由や人権を重視しないが、トランプ氏がそのことで介入する可能性は低そうだからだ。米露関係を改善しようとしている点もロシアの影響力が強い東欧では好印象だ。

 また、強硬な不法移民対策を主張するトランプ氏は、難民らの受け入れを拒否するハンガリー、スロバキアと…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文636文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです