連載

学校とわたし

著名人が自身の学校生活を振り返ります。

連載一覧

学校とわたし

受け入れてくれた友達=お笑い芸人・ゆりやんレトリィバァさん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
お笑い芸人のゆりやんレトリィバァさん
お笑い芸人のゆりやんレトリィバァさん

 1学年12人。先生が一人一人の良いところを伸ばしてくれるような田舎の小学校に通いました。中学に進むと、生徒は増えました。「イケてる子」「おとなしい子」のグループがあり、私はイケてるほうに入りたくて背伸びをしていました。元々太い眉毛を親に内緒で細くそったりして。

 それが突然、中学3年で自分がいじめられることになったのです。女子には悪口を言われ、仲間外れにされ、男子には机の中の物を窓から投げられたりもしました。当時の私には中学しか世界がなく、いじめられたら終わり。本当に毎日が嫌でした。

 でも、いじめる子たちに人生を変えられたくはなかった。芸人になるのが夢だったので「絶対に芸人になって『あの時、友達やったよな?』と近づいてきても無視してやろう」と思っていました。家では毎晩、父の食事の時にその日の出来事を話す習慣があり、相談に乗ってもらったことも助けになりました。

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文970文字)

あわせて読みたい

注目の特集