メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身じまい練習帳

「無葬社会」のリアルを知りたい

「無葬社会」の表紙

 昨年、「寺院消滅」を書いて話題となった鵜飼秀徳さんが新刊を出した。今度のタイトルは「無葬社会」。NHKが6年前、引き取り手のない遺体の急増を取り上げて「無縁社会」が流行語になったが、それに似た造語。私たちはこれから<葬送>を<無>くしていくのか。

 鵜飼さんは雑誌記者だが、京都の寺に生まれて副住職も務めている。前作では「地方の寺を中心に、寺は消滅の危機にある」と指摘して衝撃を与えた。新作ではまず、ジャーナリストとして、主に都市部の現場を歩き回った。

 亡くなる人がたくさんいるのに火葬場が不足する首都圏の一部地域では、混み合いそうな時間帯に焼いてほし…

この記事は有料記事です。

残り764文字(全文1040文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  3. 確保の男「パクリやがって」恨み言 京アニ火災
  4. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  5. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです