メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フラキャラ

商標登録、復興へ活用期待 福島・平商業高生

平商フラキャラ(R)

 東日本大震災の被災者を励まそうと笑顔で踊る女子高生フラガールをモチーフにしたキャラクター「フラキャラ」が、特許庁の商標登録認定を受けた。デザインから申請まで担当したのは福島県立平商業高校の生徒たち。商標をパッケージに使った登録後初のオリジナル食品の開発も進み、復興に向け企業による活用の広がりが期待されている。

 フラキャラは「あろは」「まりん」「まはろ」「レイ」と名づけられた4人から成る(他にデフォルメ版も)。同校のフラダンス愛好会は震災後、避難などでメンバーが10人あまりから4人に減ったが、被災者を元気付けようと「道の駅」や仮設住宅に出向き、懸命にダンスを踊った。その姿を写真で見た後輩が描いたのが、フラキャラの始まりだ。

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文751文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 東京マラソン「大規模イベントに当たらない」 日本陸連、予定通り開催

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです