メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市有地

住吉大社と和解へ 2億6500万円で売却

港住吉神社=大阪市港区で2016年12月17日、本社ヘリから加古信志撮影

 住吉大社(大阪市住吉区)の末社「港住吉神社」(同市港区)を巡り、大阪市が1世紀前から無償貸与していた市有地の明け渡しを大社側に求めた訴訟で、双方が大阪地裁で開かれる20日の協議で和解する方針を固めた。市が2億6500万円で市有地を売却する内容。戦後施行された憲法は宗教団体に公の財産の提供を禁じる政教分離の原則を定めているが、自治体側のこうした行為を違憲とした約7年前の最高裁判決が和解を後押しした。

 訴状などによると、港住吉神社は江戸後期、船舶航行の守り神として天保山(港区)で開かれた。22年後に…

この記事は有料記事です。

残り1210文字(全文1461文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. トルコがシリア・クルド人勢力との停戦に合意 米副大統領、明らかに

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです