メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カール・セーガン没後20年

「夢は惑星探査にあり」次世代につなぐメッセージ =寄稿・「日本惑星協会」井本昭事務局長

カール・セーガン氏=米航空宇宙局提供

 宇宙や生命について分かりやすく表現し、世界各国で放映されたテレビドキュメンタリー「コスモス」を監修した米国の天文学者、カール・セーガンが亡くなったのは、20年前の1996年12月20日。セーガンの功績の一つに、宇宙開発や天文学の普及・啓発に取り組む惑星協会の設立がある。セーガン没後20年に合わせ、昨年、再始動した日本惑星協会(TPSJ)の井本昭・事務局長から毎日新聞へ寄稿があった。井本事務局長は、セーガンが残したメッセージを解説し、次期惑星探査計画の重要性を呼びかけている。

この記事は有料記事です。

残り2925文字(全文3165文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. ガンダム 「0080」のNT-1のガンプラがクリアカラーに 内部フレームが見える アーマー着脱も
  5. あなたの参院選 氷河期世代の人生再設計は ロスジェネの逆襲も?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです