メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カール・セーガン没後20年

「夢は惑星探査にあり」次世代につなぐメッセージ =寄稿・「日本惑星協会」井本昭事務局長

カール・セーガン氏=米航空宇宙局提供

 宇宙や生命について分かりやすく表現し、世界各国で放映されたテレビドキュメンタリー「コスモス」を監修した米国の天文学者、カール・セーガンが亡くなったのは、20年前の1996年12月20日。セーガンの功績の一つに、宇宙開発や天文学の普及・啓発に取り組む惑星協会の設立がある。セーガン没後20年に合わせ、昨年、再始動した日本惑星協会(TPSJ)の井本昭・事務局長から毎日新聞へ寄稿があった。井本事務局長は、セーガンが残したメッセージを解説し、次期惑星探査計画の重要性を呼びかけている。

この記事は有料記事です。

残り2925文字(全文3165文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 元の世界に逆戻り? 飛行機満席、渋滞30キロ以上 混雑した4連休

  4. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  5. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです