メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南海トラフ地震

避難所3割、津波浸水域 三重では362カ所

南海トラフ地震で最大15メートルの津波が想定される徳島県牟岐町の中心部。漁港周辺に住宅地が集中している=2014年10月、本社ヘリから加古信志撮影

 南海トラフ巨大地震が発生した際に津波被害が予想される139自治体で、被災者が避難生活を送る「指定避難所」6472カ所のうち約3割の1860カ所が津波の浸水想定区域にあることが毎日新聞の取材で分かった。1359カ所は耐震性を確認できていないことも判明した。専門家は「災害によっては使えなくなる避難所があることを住民も知っておく必要がある」と指摘する。【石川貴教】

 毎日新聞は、死者・行方不明者が1443人に上った昭和南海地震から21日で70年となるのを前に、南海トラフ地震に関するアンケートを11~12月に実施。甚大な津波被害の恐れがあるとして、政府が津波避難対策特別強化地域に指定した139市町村(14都県)に質問し、回答を得た。

この記事は有料記事です。

残り1083文字(全文1399文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  3. 眞子さま29歳に 延期の挙式、宮内庁「何らかの発表はあろうかと」

  4. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです