ぬいぐるみ病院

“治”します 豊中の「病院」全国から依頼続々 入院時に問診票、経過を写真報告 /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
スタッフの手によって「治療」されるぬいぐるみ=大阪府豊中市庄内幸町1のぬいぐるみ病院で、竹内梓撮影
スタッフの手によって「治療」されるぬいぐるみ=大阪府豊中市庄内幸町1のぬいぐるみ病院で、竹内梓撮影

 鼻が取れたり、布がはげてきたぬいぐるみを元通りに--。豊中市庄内幸町1の「ぬいぐるみ健康法人もふもふ会ぬいぐるみ病院」が人気だ。「ぬいぐるみはモノではなく、持ち主の家族の一員」として迎え入れることで信頼を高めており、全国から舞い込む依頼の数は月1000件を超える。今月22日には病院のホームページを一新させる予定で、「治療できなかった重病患者」にも対応できるようにスタッフの技術を向上させた。【竹内梓】

 利用者はメールなどで予約して「問診票」に現状や要望を記入、郵送または持ち込みで病院へ。1~3週間の「入院」中にスタッフがクリーニングや綿の詰め替え、傷やはげた布の修復などを行う。クリーニング前、修復前など各段階ごとに撮られた写真が見られるインターネットでのサービスもある。「ベッドで就寝中」「ぬいぐるみの先生による診察」などまるで生きているかのような画像だ。

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文672文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集