メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バスケットボール

トライアンズ、Bリーグ再挑戦 地域密着で実績 自主興行も実施 /和歌山

和歌山トライアンズの選手たちに指示を与える石橋ヘッドコーチ(中央)=ノーリツアリーナ和歌山で、矢倉健次撮影

 バスケットボール男子の和歌山トライアンズが、国内の新トップリーグ、Bリーグ参入を目指し、一歩一歩進んでいる。今月18日には、本拠地のノーリツアリーナ和歌山(和歌山市梅原)で、約1年7カ月ぶりに主催有料試合を開催。年明けに可否が決まるBリーグ入りに向けアピールした。

 旧運営会社が経営破綻し、資金不足などに揺れたトライアンズは2015年、旧ナショナルリーグ(NBL)の15~16年シーズンの参加が不認可となった。Bリーグ入りも「保留」扱いとされ、その後は一時、所属リーグがない状態だったが、今年度は県バスケットボール協会にクラブチームとして登録した。

 現在、プロ契約を交わしているのは田辺市出身の坂東玲央選手(24)だけ。他には、昨年の和歌山国体に出…

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文993文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水がなくてもポリ袋で簡単調理

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです