メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教訓を伝える

昭和南海地震/3 曽祖母背負い高台へ 真南卓哉さん(92) 三岐田町(現美波町)で被災 /徳島

広い道選んで逃げて

 昭和南海地震(1946年12月21日)が起きた時、私は22歳でした。三岐田町(現在の美波町)の自宅2階で寝ていると、大きな揺れで目が覚めました。揺れで歩くことができず、やっとの思いで1階に下りました。外に出ると、家が見たこともないほど揺れていました。築10年でしたが、「もう潰れてしまうだろうな」と思いながら眺めていました。

 明け方だったので、寝ていた格好のまま。夏の浴衣を着ていたので、着替えるため2階に戻ると、隣に住むお…

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文834文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に津波注意報
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. 防災なるほドリ 帰れなくなったらどうしたらいいの?=回答・金森崇之
  4. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  5. 震源は「新潟-神戸ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです