メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

幕末の英国初代公使オールコックは書いている…

[PR]

 幕末の英国初代公使オールコックは書いている。「(日本人は)決して子どもを撲(う)つことはない。文化を誇る欧羅巴(ヨーロッパ)の国民がその子どもたちに盛んに加える、この非人道的にして且(か)つ恥ずべき刑罰法を私は滞日中に見たことがなかった」▲教育にムチを使った欧州人が、日本人は子どもに体罰を用いないと驚いている記録は他にもある。ではそんな先祖をもつ国の学校の部活動やスポーツ界で指導に暴力を用いる悪習が根強いのはどうしたことか。作家の丸谷才一(まるやさいいち)さんは旧日本軍に由来すると述べていた▲つまり軍内の私的制裁が除隊した教師を介して学校にも広がったのだという。もともと日本軍はドイツや英国の軍をまねたというから、やはり火元は「文化を誇る欧羅巴」か。本家はとっくに宗旨替えをし、今では日本の学校やスポーツ界に残った「殴る」文化である▲福島県の日大東北高校の相撲部顧問の教師らが部員をゴム製ハンマーでたたくなどの暴力をくり返していたという。デッキブラシでけがをさせられた部員もいたが、学校側は「行き過ぎた指導」と認めただけで、部内暴力の実態調査や教師の処分は行っていなかった▲大阪・桜宮高校での生徒の自殺をきっかけに部活動の暴力に厳しい目が注がれる近年だ。だが指導者の暴力を「指導」と受け取る生徒や父母も依然少なくないのが現状らしい。今回の学校側の対応の背景にも、選手強化を名目とした暴力を容認する文化がほの見える▲丸谷さんは鉄拳指導を公言したプロ野球コーチに「本当に殴る気なら外国人選手も殴ってみろよ」と書いた。そのコーチがやってみたかどうかは知らない。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

    2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

    3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

    4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

    5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです