メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

オスプレイ飛行再開容認 負担軽減盾に政府強気 沖縄との溝、深まる恐れ

 政府は19日、沖縄県の反発を織り込みつつ、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの飛行再開を容認した。20日には最高裁が普天間基地移設で国を支持する判断を下す見通しで、負担軽減の取り組みと合わせれば、県民の理解を得られると判断した。ただ、首相官邸の強引な姿勢に防衛省や自民党で懸念の声が出ており、沖縄の反発も拡大しかねない。

 「本日午前に米側から防衛省に説明があった。飛行再開はこれを受けたものと承知している」。菅義偉官房長官は沖縄でオスプレイが飛び立った後の19日の記者会見で、特段の問題はないとの認識を示した。

この記事は有料記事です。

残り1901文字(全文2177文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです