メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

イタリア政治危機、金融不安直結も=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 イタリアの政治危機は銀行システムの危機に直結する可能性がある。これをどこで、誰が断てるのか。

 レンツィ首相は3年近くその任にあった。41歳の中道左派の民主党党首には今後も出番はある。政治的意思決定システムがあまりにも分断的であるとして、上院や20の州の権限削減を掲げて憲法改正を国民投票にかけたが4対6の不本意な結果となった。20州のうち勝利につながったのは3州のみで、抵抗勢力の重みを示すものだった。

 ユーロ圏において脆弱(ぜいじゃく)とされるイタリアの金融システムの補強を図るため、彼はモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行(MPS)に焦点を合わせた。2014年と16年に行われたユーロ圏の銀行に対するストレステスト(耐久試験)で最も脆弱な自己資本比率とされたのがMPSである。即座に50億ユーロ(約6100億円)の資本増強が必要とされた。レンツィ氏は中東のカタール政府が関与するファンドから20億…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです