メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊五輪

Promises・2020への約束 大学同級生 パラ短距離・高桑早生/400メートルリレー・山県亮太

 ◆「強さ」追い求めて

 選手の対談企画「Promises 2020への約束」の3回目は、リオデジャネイロ五輪陸上男子400メートルリレー銀メダルの山県亮太(24)=セイコーホールディングス=と、リオ・パラリンピックの陸上女子短距離2種目でアジア記録を出して入賞した高桑早生(24)=エイベックス。慶応大競走部の同級生だった2人が、今も練習している慶大日吉陸上競技場(横浜市港北区)に集まり、互いの走りや東京五輪への思いなどを語り合った。【構成・小林悠太】

 高桑 こんなに近くに座ったのは、一緒に授業を受けた時以来ですね。学部も一緒だったので。

この記事は有料記事です。

残り1844文字(全文2115文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  2. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  3. 京アニ放火殺人事件 逮捕された青葉容疑者「ガソリンなら多く殺害できる」

  4. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  5. 保育園の「慣らし保育」やり直し必要 保護者と職場は理解を 緊急事態解除で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです