辺野古訴訟

沖縄県の敗訴確定 最高裁、上告を棄却

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
辺野古沿岸部=和田大典撮影
辺野古沿岸部=和田大典撮影

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画を巡り、国側が沿岸部の埋め立て承認を取り消した翁長雄志(おなが・たけし)知事の対応を違法と訴えた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(鬼丸かおる裁判長)は20日、県側の上告を棄却した。知事による承認取り消しを違法とした福岡高裁那覇支部判決の結論が維持され、県側の敗訴が確定した。

 最高裁判決を受けて国は中断している沿岸部の埋め立て工事を再開する方針。翁長知事は「確定判決には従う」としており、承認取り消しは撤回するとみられる。ただ、別の手続きで対抗策を取ることを示唆しているため、国と県の対立は続く見通しだ。

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文653文字)

あわせて読みたい

ニュース特集