特集

世論調査

毎日新聞の全国世論調査をはじめ、各種世論調査の結果と記事を特集します。

特集一覧

本社世論調査

早期解散望まず6割

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

野党候補1本化、賛否は拮抗

 毎日新聞が17、18両日に実施した全国世論調査で、次の衆院選をいつ行うのがいいかを尋ねたところ、「急ぐ必要はない」との回答が66%に上り、「できるだけ早く」は19%だった。民進、共産両党などの選挙協力に関しては、衆院小選挙区の候補者を「一本化する方がよい」が39%、「一本化しない方がよい」が37%で拮抗(きっこう)した。【今村茜】

 与党内では、安倍晋三首相が来年1月の衆院解散を見送るという観測が広がっている。衆院議員の任期は2年近く残っており、今回の調査で、世論も早期解散を望んでいないことが鮮明になった。

この記事は有料記事です。

残り941文字(全文1210文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集