連載

歴史の鍵穴

毎日新聞デジタルの「歴史の鍵穴」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

歴史の鍵穴

酒に弱い人の遺伝子 中国南部から伝来か=専門編集委員・佐々木泰造

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 酒を飲むと、少しの量でも、顔が赤くなったり、頭が痛くなったりする人は、日本では珍しくないが、アフリカ系やヨーロッパ系の人にはいないとされる。太田博樹・北里大学准教授(人類集団遺伝学・分子進化学)のグループは、東アジアに特有の下戸の遺伝子のルーツを探っている。

 酒に含まれるエタノール(エチルアルコール)は、アルコール脱水素酵素(ADH)によってアセトアルデヒド(刺激臭のある液体)に分解される。アセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)によって酢酸に分解される。酢酸は二酸化炭素と水になって体外に排出される。

 エタノールと酢酸は大した毒ではないが、アセトアルデヒドは強毒だ。酒を飲んで、顔が赤くなったり、頭が痛くなったり、吐き気がしたりするのは、アセトアルデヒドの毒性による。

この記事は有料記事です。

残り1177文字(全文1523文字)

あわせて読みたい

注目の特集