メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

朴景利の世界 韓国の大河小説「土地」の舞台で考える

海と山、無数のドラマ

 大河小説「土地」は、作家、朴景利(パクキョンニ)(1926~2008年)が25年かけて完成させた現代韓国を代表する文学作品だ。この大作の邦訳全20巻の刊行が、出版社「クオン」(東京都千代田区)で始まった。本作の完訳は世界初という。11月下旬、同社が主催する文学ツアーに同行し、朴景利が生まれ育ち、「土地」の舞台にもなった韓国南部の港町・統営(トンヨン)周辺を訪ねた。【棚部秀行】

この記事は有料記事です。

残り1916文字(全文2116文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. テニス 大坂「成功より幸福感が大事」 コーチ解消を語る
  4. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです