メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木嶋真優

決意の出場、心にも「財産」 上海のバイオリンコンクールで優勝

地元・神戸に戻り、穏やかな笑顔を見せる木嶋真優=田中博子撮影

 熱のこもった演奏で人気のバイオリニスト、木嶋真優(きしままゆ)が今年9月、第1回上海アイザック・スターン国際バイオリン・コンクールで優勝した。幼い頃から注目され、国内外のオーケストラと数多く協演している木嶋があえて今、新設のコンクールに出場したのには理由があった。

 先月、神戸市文化奨励賞の贈呈式に出席するため、地元に戻った。「13歳まで過ごした街なので一番落ち着く。『ホーム』という感じがします」。演奏中とは違う穏やかな笑顔を見せる。

 3歳でバイオリンを始め、13歳の時、第8回ビエニャフスキ国際バイオリン・コンクール・ジュニア部門で…

この記事は有料記事です。

残り978文字(全文1247文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 川口の男子中学生自殺未遂 手紙に、いじめ詳細や学校不信記す ぼくは生きてちゃだめなんだ/先生はぼくをみすてた /埼玉
  5. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです