メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんな元気になる絵本

「彼の手は語りつぐ」 /富山

人として大切なこと プー横丁「プーの店」店長・杉原由美子さん

 原書のタイトルは「ピンクとセイ」です。登場する2人の少年の愛称です。2人は、どちらも南北戦争で北軍に従軍しました。脚を負傷して動けなくなったセイを担ぎ上げて、自宅へ運び込んでくれたのがピンクでした。

 ピンクの母親が熱心に看病してくれたおかげで、セイは快復し、歩けるようになります。しかし、所属部隊に帰ろうとする2人を庇(かば)ったために、母親は南軍の兵士に撃たれて亡くなってしまいます。そして、北軍の部隊に合流できなかった2人は南軍の捕虜となり、白人のセイは辛くも生き延びますが、黒人のピンクは処刑されてしまったのでした。

 作者のパトリシア・ポラッコは、1944年、アメリカ合衆国ミシガン州生まれで、この作品を世に出したの…

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文1001文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「いけないことを教える立場が」「人間として恥ずべき」神戸教諭いじめ 謝罪コメント要旨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです