ワイエムシィ

福知山に進出 医薬関連企業、府の工業団地へ /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 府が福知山市に展開する「長田野工業団地アネックス京都三和」に医薬関連企業「ワイエムシィ」(本社・京都市下京区)が進出することになり20日、府庁(上京区)で土地譲渡契約を締結した。取得した土地はアネックス(分譲対象面積30・9ヘクタール)内では最も大きい約5・2ヘクタール。これまでの分譲区画の総面積に相当する。

 ワイエムシィは1980年創業。液体クロマトグラフィー用充填(てん)剤などを生産し、石川県小松市に工場がある。アネックスの土地は5億6000万円で購入した。2019年稼働を目指しクロマトグラフィーの新工場を建設し、総額100億円を投資する予定。

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文445文字)

あわせて読みたい

注目の特集