メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミャンマー留学生助成

井内さん設立基金を活用 関学大と学生支援機構が協定 /兵庫

協定書に調印した(左から)関口雅之大阪日本語教育センター長、村田治関学大学長と基金を設立した井内英夫氏=関西学院大学大阪梅田キャンパスで、大笹久光撮影

 日本学生支援機構大阪日本語教育センターと関西学院大学が今月、ミャンマーからの留学生を対象とした推薦入学に関する協定を結んだ。ミャンマーと日本の交流の架け橋となる人材の育成が目的。関学大は、協定に基づき、留学生を来年4月から1年間に最大5人まで受け入れる。期間は5年間で、学部は文学部以外を対象する。【大笹久光】

 協定では、推薦入学できる留学生は、大阪日本語教育センターがミャンマーで募集する「公益信託井内留学生…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文665文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです