メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

辺野古 最高裁判決 国に追い風、沖縄窮地

米軍普天間飛行場の移設が計画されている名護市辺野古周辺=本社機「希望」から2016年6月、竹内幹撮影

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画を巡り、最高裁は20日の判決で国と地方の関係や移設の是非には踏み込まず、沖縄県側の敗訴を確定させた。国と県が互いに相手を訴えてきた訴訟合戦に大きな区切りがついたが、翁長雄志(おながたけし)知事は今後も移設阻止を目指す方針だ。政府が埋め立て工事を年内にも再開することで、対立がさらに深まることも懸念される。

この記事は有料記事です。

残り2016文字(全文2201文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです