メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国

「帝国の慰安婦」求刑3年 検察「著者が虚偽記述」

 【ソウル大貫智子】著書「帝国の慰安婦」で元慰安婦の名誉を傷つけたとして名誉毀損(きそん)罪で在宅起訴された韓国・世宗大の朴裕河(パクユハ)教授に対する求刑公判が20日、ソウル東部地裁で開かれた。検察側は「慰安婦の本質は売春だったなどと虚偽の事実を示した」として懲役3年を求刑した。

 検察側は、朴教授が著書で、朝鮮人慰安婦が日本軍と同志的関係だったと記述したり、元慰安婦が連行された強制性を否定し…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文497文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  3. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. JR福知山線脱線 「今も足が震える」救助に走った会社員

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです