連載

ハマりました。

毎日新聞デジタルの「ハマりました。」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

ハマりました。

エコおもちゃ作り 家にあるもの、ステキに変身

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
市販の弁当についているしょうゆ入れと紙皿でコマを作る田中さん。紙皿の中心に穴を開け、しょうゆ入れを刺し、裏側からふたを留めただけ。皿に絵を描いたり切り絵を張ったりして、くるくる回して遊ぶ
市販の弁当についているしょうゆ入れと紙皿でコマを作る田中さん。紙皿の中心に穴を開け、しょうゆ入れを刺し、裏側からふたを留めただけ。皿に絵を描いたり切り絵を張ったりして、くるくる回して遊ぶ

 <くらしナビ ライフスタイル>

 紙パックや空き容器を使ったおもちゃ作りを考案し、広めている女性がいる。動物の絵を描き色を塗り、親子で楽しい時間が持てるうえ、世界に一つしかないおもちゃが完成。器用な彼女の手にかかれば、新聞紙も便利なグッズに大変身してしまう。

 本紙「おんなのしんぶん」に連載中の女優、室井滋さんが、ある日の打ち合わせに持参したバッグに、記者は目を奪われた。「これ? 新聞紙だけで作ってるんだって。本当によくできてるの」。いったいどんな人が作ったのか。「室井さんのバッグを見て、ぜひお会いしたくて」。富山市在住の手作りおもちゃ作家、田中世津子さん(60)を訪ねると、「そんなそんな、お恥ずかしいです!」。顔を赤らめ手を振る姿はまるで少女のようだ。

 きっかけは一人娘の出産だった。27歳で結婚し、ようやく子宝に恵まれたのが35歳。「1回しか子育てできないかも」。そんな思いがおもちゃ作りに向かわせた。子供と一緒に楽しめるようにと、牛乳パックなどの廃材やハサミ、セロハンテープといった家に必ずある道具で作り始めた。「たくさん遊んで壊れても惜しくない。すぐ作り直せる。ガミガミ怒らずに済むでしょ?」

この記事は有料記事です。

残り897文字(全文1400文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集